MORE NEWS ▼

FAQ

スポーツカメラについてお客様からよくいただく
ご質問とその回答をご紹介いたします。

性能・仕様について

  • 撮影可能時間はどのくらいですか?

    こちらよりご確認いただけます。

  • バッテリーの交換はできますか?

    CM-1100は交換できませんが、CM-2000は交換可能です。
    別売りのリチウムイオンバッテリー(CM-BT01)がございます。バッテリー

  • カメラを分解することはできますか?

    できません。防水性が失われますので行わないでください。分解した場合は保障の対象外になります。

  • 付属品は何がありますか?

    こちらよりご覧いただけます。

    こちらよりご覧いただけます。

  • SDカードは別売りですか?

    別売となっております。
    CM-1100/CM-2000はMicro SD/SDHC/SDXC class 10 以上(128GBまで対応)

  • 撮影した画像が歪曲しています。

    レンズの仕様上、静止画、動画ともに周辺部にゆがみが生じます。

  • 電源ONした際に、ランプが点灯しますが、どのような意味でしょうか?(CM-1100)

    CM-1100を電源ONしてから、約2秒間ランプが点灯します。これはSDカード残り容量と、電池残り容量を示しています。その後、撮影モードの表示に切り替わります。
    詳細は"製品仕様">>"操作方法"から”電源のON/OFF”をご参照ください。詳細は"製品仕様">>"操作方法"から”電源のON/OFF”をご参照ください。

  • SDカードを入れても、撮影できません。

    micro SDカードの不具合が発生している可能性があります。新しいmicro SDカードを使用して確認してください。

  • 静止画高感度設定はどのような機能でしょうか?

    こちらよりご確認いただけます。

  • 暗所で撮影したデータを確認したところ、画像が不鮮明でした。

    暗所で撮影した場合、画像が粗くなり不鮮明になります。

  • スピーカー(マイク)部にゴミが詰まりました、どのように取り除いたらよいでしょうか?

    カメラ用ブロアーを使用して取り除いてください。

  • 本体操作中に警告表示が出てきたのですが、どのような意味でしょうか?

    こちらよりご確認いただけます。

  • この製品は海外でも使用できますか?

    本製品のBluetooth LE, ANT機能を使用する際はその国の無線法規に従ってください。
    なお、本製品は次の国々での使用が許可されています。
    EU加盟国、EFTA加盟国、モナコ、サンマリノ、アメリカ合衆国、カナダ、日本、中国、韓国、オーストラリア、ニュージーランド

  • 露出設定とは?
    通常、撮影範囲の中央に被写体があると自動的に逆光補正を行い、適切な露出で撮影できます。
    次のような場合や、意図的に露出を変えて撮影をしたいときは、露出を変更して撮影することができます。
    露出は、- 2.0 EV ~ + 2.0 EVの間で設定できます。

    • ・逆光撮影:背景が非常に明るく被写体が暗い (露出アンダー) になってしまう場合、+ (プラス) 側に調整します。
    • ・白っぽい被写体を写す場合:全体的に暗くなる (露出アンダー) ため、+ (プラス) 側に調整します。
      雪などの光の反射率の高い背景で人物を写す時なども+ (プラス) 側に調整します。
    • ・黒っぽい被写体を写す場合:全体的に明るくなる (露出オーバー) ため、- (マイナス) 側に調整します。
      スポットライトが当たった人物を写すときなども- (マイナス) 側に調整します。

カメラの使い方について

  • カメラの操作方法がわかりません。

    カメラの基本操作を含む動画を準備しておりますのでご確認ください。カメラの基本操作を含む動画を準備しておりますのでご確認ください。

  • 電源が入りません。

    CM-2000で“E5”のエラーメッセージが表示された場合は、充電を行ってください。
    CM-1100の場合は、Wi-Fi/POWERボタンを押してください。正常に起動しない時は、以下の操作をお願いいたします。
    ① 左側のランプが赤く点滅して、エラー音がなった場合、充電を行ってください。
    ② ランプの点滅がなく、エラー音もならない場合は電池残量が空になっています。充電を行ってください。

  • カメラのボタンを押しても何も反応しなくなりました。

    操作に対して何も反応しない場合、カメラ本体がフリーズしている可能性があります。
    CM-2000の場合は、操作に対して何も反応しなければ、バッテリーを抜き差ししてリセットしてください。
    CM-1100の場合は、Wi-Fi/POWERボタンとREC/STOPボタンを同時に8秒以上押し続け、本体をリセットしてください。

  • ベルトマウントの取付方法が分かりません。

    ベルトマウントの取付方法を説明するPDFを準備しておりますのでご確認ください。

  • スマートフォンとの接続方法がわかりません。

    接続方法の手順を紹介する動画をご用意しています。こちらの動画の「スマートフォンと接続」をご確認ください。こちらの動画の「スマートフォンと接続」をご確認ください。

  • PCで動画・静止画を削除できますか?

    CM-1100、CM-2000ではカメラをUSBでパソコンに接続した状態でカメラ内のMicro SDカードに保存された録画・静止画を削除したりコピーしたりすることが可能です。

  • iPhoneに動画ファイルのコピーができません。

    動画ファイルをiPhoneにコピーする場合、iPhone側の空き容量が動画ファイルの2倍以上必要な場合があります。
    また、OSとの組み合わせにより、3倍の空き容量が必要な場合もあります。
    動画ファイルをiPhoneにコピーする際は、事前に空き容量が十分あることをご確認ください。

  • カメラの充電状態がわかりません。

    充電状態の確認方法は以下の通りです。
    CM-2000の場合:LCDのバッテリーアイコンをご確認ください。
    CM-1100の場合:電源ON後、約2秒間のランプ(左)をご確認ください。(赤:充電必要、橙:約半分、緑:十分な充電状態、2秒間点灯します)

  • 充電ができません。

    長期間充電をせずに放置した場合、リチウムイオン電池の特性上、電池の使用ができなくなる恐れがあります。使用していなくても定期的な充電をお勧めします。

  • "アングルフリー"機能を有効にした動画をPCで見れません。

    アングルフリー機能を有効にした動画を再生する場合、推奨のQuickTimeプレーヤーをご使用ください。
    他の動画再生プレーヤーを使用した場合、"アングルフリー"機能が有効になった状態での動画再生ができない場合や、音声のみ再生される場合があります。
    アングルフリー機能を有効にしている場合、撮影が開始されると撮影アングルは固定されます。
    撮影開始前にスマートフォンにて撮影画像を確認するか、振動がない状態にて撮影を開始してください。
    アングルフリー機能が必要ない場合は、本機能をOFFにしてのご利用を推奨します。

  • Wi-Fi接続したカメラを水中に沈めたら、Wi-Fi接続が切れました。

    カメラまたは、スマートフォンが水中にある場合接続はできません。

  • Wi-Fi接続のパスワードを変更したいですのですが、どのように設定すれば良いでしょうか?

    アプリの"Settings>>"SSIDの設定"より変更できます。"Password"欄には現在のパスワードが記載されていますので、一度削除したのち、8〜16文字の任意のパスワードを記入してください。また、確認のため再度「一行下の”パスワード”欄に設定したパスワードを再度入力し完了してください」に設定したパスワードを再度入力し完了してください。

  • 撮影中にスマートフォンとのWi-Fi接続を行いたいですが、方法はありますでしょうか?

    撮影中はカメラのWi-Fi接続操作が使用できません。一度撮影を中止していただき、Wi-Fi接続をしてください。

  • 動画をPCにて再生したのですが、スムーズに再生できません。

    PCの性能によっては、動画がスムーズに再生できない場合があります。

  • スポーツカメラをPCに接続した際のランプの状態の意味を教えてください。

    こちらよりご確認いただけます。

  • 撮影したデータをスマートフォンに保存しようとしたのですが、保存できませんでした。

    撮影したデータはスマートフォンアプリケーションよりスマートフォンに保存ができます。ただし、スマートフォン本体の空き容量が少ないと保存できません。
    また、スマートフォンに接続されているSDカードには直接保存できません。一度スマートフォン本体に保存後、SDカードへコピーしてください。
    なお、保存中にWiFi接続が切断された場合、データはスマートフォンには保存されません。

  • ST-R9170/R9150/9070のリモートスイッチをカメラの録画開始停止スイッチとして使用するにはどうすればよいですか?

    ST-R9170/R9150/9070の右側スイッチのダブルクリックで録画開始、左側スイッチのダブルクリックで録画停止ができます。DI2ワイヤレスユニット、SM-EWW01/EW-WU101/EW-WU111/SC-M9051/SC-MT800のいずれかとANT+接続する必要があります。

  • カメラとDI2のワイヤレスユニットを接続するにはどうすればよいですか?
    • ① カメラとスマートフォンをWi-Fiで接続する。(詳細はスマートフォン用SPORT CAMERAアプリケーション内のヘルプマニュアルを参照ください。)
    • ② スマートフォン上でSPORT CAMERAアプリケーションを起動する。
    • ③ SPORT CAMERAアプリケーションのSETTING画面のペアリングセンサー設定をタップ。
    • ④ ペアリング設定ページ内のDI2のスライドスイッチを右にスライドにしてオン(緑)にする。
    • ⑤ 「ペアリング中」というメッセージが表示されます。
    • ⑥ ワイヤレスユニットをペアリングモードにする。
      • • 外装式バッテリーをご使用の場合
        ワイヤレスユニットにエレクトリックワイヤーが接続されている事を確認し、その状態で外装式バッテリーをいったん取外し、再度装着してください。
      • • 内蔵式バッテリーをご使用の場合
        ワイヤレスユニットにエレクトリックワイヤーが接続されている事を確認し、その状態でワイヤレスユニットに接続されているエレクトリックワイヤー(2本)をいったん取外し、再度接続してください。(バッテリー再装着あるいはワイヤレスユニットへのエレクトリックワイヤー再接続から数十秒間でベアリングの通信を行います。)
    • ⑦ ペアリングが完了するとSPORT CAMERAアプリケーション上に「ANT機器とのペアリングに成功しました。」というメッセージが表示されるので、「OK」をタップします。

      以上でペアリング作業は完了です。一度ペアリング作業をすると、次回使用時からは自動的に接続されますが、ペアリングを解除したり、ファームウェアをアップデートする等の場合には再度ペアリングが必要です。
  • メニューがグレーアウトして選べないモードがあるのですが。

    アングル・画質・手振れ補正の組み合わせによっては選択できない組み合わせがあります。
    その場合はモードがグレーに表示され、選ぶことができません。選ぶことができるモードにて撮影お願いいたします。

  • GPS Auto Recが使えません。

    CM-1100ではGPS Auto Recは使えません。
    CM-2000のみの機能となっております。

Windows & Macアプリケーション

  • SHIMANO Camera Editorが切れた状態で表示されます。

    PCの設定に依存しているため、ディスプレイの設定を変更してください。

  • 「SHIMANO Camera Editorが起動しません」もしくは「.NET Framework 3.5およびMicrosoft visual C++のインストールを促す画面」が表示されます。
    • ・.NET Framework 3.5:
      「.NET Framework 3.5」がインストールされていないか、無効になっています。「.NET Framework 3.5」をインストールしていただくか、有効にしてSHIMANO Camera Editorを起動してください。
    • ・Microsoft visual C++:
      Microsoft visual C++がインストールされていない可能性があり、インストールしてください。
  • SHIMANO Camera Editorの起動に時間がかかります。

    PCの性能や環境により、SHIMANO Camera Editorの起動に時間がかかることがあります。

  • 一度変換した動画を、再編集することはできますか?

    変換後の動画を編集することはできません。編集に使用したプロジェクトを開き、そのプロジェクトを編集してください。

  • 動画(ファイル)の結合することはできますか?

    結合することはできません。また、他のソフトで結合されたファイルを読み込むことはできません。

  • Macで撮影動画読み込み中にX(閉じる)ボタン押下でアプリ終了させた後、起動させられないのですが。

    バックグラウンドで読み込みが継続されているので、読み込みが完了するまで起動させることができません。しばらくお待ちいただくか「アプリケーションの強制終了」から強制終了してください。

  • 編集したい箇所が選択できません。

    1秒間隔での選択になるため、その途中の範囲を選択することはできません。

  • 歪み補正をすると画面が粗いのですが。

    補正の際、一部を切り取り拡大しているため、画像が粗く見えます。

  • 歪み補正をすると周辺の画像が映っていません。

    補正の仕様上、そのように映ります。

  • 動画変換時間はどれくらいかかりますか?

    詳細はこちらよりご確認いただけます。

iOS & Androidアプリケーション

  • アプリケーションはどこでダウンロードできますか?

    こちらよりダウンロードいただけます。
    お使いのスマートフォンに対応したアプリケーションを選んでください。また、各ストア(iPhone:APP Store、Android:Play Store)からもダウンロード可能です。※シマノで検索可能

  • ANT機器のペアリング状態は確認できますか?

    アプリケーションでANT機器のペアリング設定を行うと『Live View』画面の右上にアイコンが表示されますので、ペアリング状態をご確認いただけます。

  • ペアリングしたANT機器のデータはどこに保存されますか?

    ANT機器の情報はCSV形式でカメラのMicro SDカードに保存されます。

  • Wi-Fi接続の際に必要なパスワードを変更したのですが、変更後のパスワードを忘れてしまいました。工場出荷状態に戻すにはどうすればいいでしょうか?
    • ① MicroSDカードのルート(最上階層のフォルダ)に、初期化ファイル「WIFI_SET.txt」を保存します。
      『初期化ファイル』のダウンロードはこちらから。
      ※右クリックメニューから「対象をファイルに保存」を選んでダウンロードしてください。
    • ② 上記で準備したMicro SDカードをカメラ本体に入れ、起動します。
    • ③ 起動後、SSID及びパスワードが工場出荷状態に戻り、カメラの電源が自動的にOFFになります
      SSID及び初期パスワードについてはこちらからご確認ください。
      (初期化終了後、Micro SDカード内に保存した『初期化ファイル』は自動的に削除されます。)
    • ④ その後、電源をONにすることで工場出荷状態にてお使いいただけます。
  • iOS8以降のスマートフォンで撮影した動画を保存して再生した場合、スローモーション再生となります。通常再生はどうすればよいのでしょうか?

    iOS8以降のスマートフォンに対しHD120fps、WVGA120fps、VGA240fpsの動画をスマートフォンに保存し再生するとスローモーション再生となります。スマートフォンの部分編集機能によりスローモーションと通常再生範囲を編集したのちご利用下さい。

  • ミラーモード設定をONで動画・静止画を撮影したのですが、再生してもミラーイメージになっていません。

    ミラーモード設定はLive View画面でミラービューで後方の見え方を確認するためのものです。

  • File Listでファイルをスマートフォンに保存する際に、バックグラウンド状態にしても保存できますか?

    保存できません。保存中にバックグラウンドにすると保存が途中で終了しますので、保存中はバックグラウンド状態にしないでください。